検索一覧に戻る

  • 礼羽教室
  • お申し込み / 資料請求 / お問い合わせ

入学準備コース受付中

幼児のみなさん、小学校に入学前に、学習貯金をしませんか?先取り学習ができる幼児期に学習を始めると、気持ちに余裕を持って入学できます。小学校への入学は、生活リズムが大きく変わります。保護者の皆様は、お子さん以上に大変です。そこで勉強の不安をなくしておけば、気持ちに余裕ができます。無料体験も受付中です。お気軽にお電話ください。


住所 〒347-0044 埼玉県加須市礼羽523 
電話番号 080-5073-5230
080-3573-5230
指導者 関口
学習曜日 月・火・木
時間 15:00~18:00位まで
曜日によって異なります
教科・コース

幼児
学研教室の個別指導は、集団の中で必要に応じて指導者が個別に指導・助言するものです。

  • 個別(週2)
  • 個別(週1)

小学生

  • 算数・国語
  • 理科・社会
  • 英語

中学生

  • 数学・国語
  • 理科・社会
  • 英語
  • Z会

その他

  • 科学実験教室
この教室の情報をケータイで見る

お申し込み / 資料請求 / お問い合わせ

★直接教室に電話をして申し込みをすることもできます。

卒業生のインタビュー

教室写真

  • 北辰テスト 1位 自学自習の成果です

  • 創作作文コンテストで5年連続入賞

  • 苦手な子が多い図形も学習できます。

  • 約3ヶ月分の学習済みのプリントです。

  • 高校受験対策もバッチリです

関口先生のごあいさつ

先生

入学準備コース受付中です。入学前にひらがなが読める、書けるは当たり前です。読めない子、書けない子は学校の勉強についていくのが大変になります。不安になる前に、学習を始めませんか?学習習慣をつけ、学力を維持、アップできる学研教室の仲間になりましょう。勉強するから、頭が鍛えられて、頭が良くなります。一緒に努力しましょう!
メールアドレス:gakkenraiha2011@yahoo.co.jp
電話もしくはメールで申し込みしてください。

生徒のコメント

  • 高校合格体験記 中3 M・R

    私は、合格するためにまず最初にすることは、入試までの大まかな計画を立てることだと思います。モチベーションを維持するために、『今日は何時間この教科の〇〇ページから△△ページまでをする』、といった計画の方が良いと思います。
    重点的に勉強したところがテストに出ることはなかなかないので、テストが近くなったら満遍なく勉強することをお勧めします。

  • 高校合格体験記 中3 R・I

    僕は勉強が嫌いでした。そのため受験勉強を本格的に始めたのは冬休みからでした。周りのみんなよりも始めたのが遅かったため、模試でも納得のいく結果が得られませんでした。しかし学研で行った苦手分野の集中的な学習のおかげで、入試本番では、英語と数学で過去最高の点数を取り、志望校に合格することができました。

  • 高校合格体験記 中3 M•S

    僕は中学1年生の途中から学研教室に通い始めました。それ以前は、試験前に勉強するという感じでしたから、毎日宿題をしなければならないというのは、大変でした。怠けたいという気持ちに負けそうになっていたからです。ですが、しばらくすると、毎日やることが当たり前になり、成績も上がってきました。おかげで志望校にも合格することができました。毎日続けたことが、結果に繋がったと思います。

  • 高校合格体験記 中3 K・T

    私は、みんなより受験のスイッチが入るのが遅かったので、点数が取りやすい教科や得意な単元を中心に勉強をしました。社会や理科は、重要単語をピンクや黄色のペンで書き、赤色シートで隠して覚えるといった工夫をしました。数学は、計算問題や図形の証明問題を中心に学習しました。計算問題は、速く、正確に解けるように、学校のワークや学研のワーク、参考書の問題をしました。無事、志望校に合格しました。

  • 合格体験記 中3 S・T

    僕は、受験生の自覚を持たないまま一学期を過ごしてしまいました。夏休みに入ってもなかなか勉強のスイッチが入りませんでした。しかし学研の先生の熱心な指導により、心を入れ替えて学習に励み、無事、志望校に合格できました。本当に感謝しています。

  • 高校合格体験記 中3 男子

    僕は、第一志望の高校に無事合格できました。
    国語・数学・英語のコースを小学生の頃から学習していました。学研では単元ごとに丁寧に、また、苦手な問題は何度でも教えて頂きました。特に英検や漢検に力を入れてくださり、漢検準2級、英検3級を取得することができました。第一志望の私立高校に合格できた大きな理由の一つになったと思います。
    先生、ありがとうございました。

ページの先頭へ