検索一覧に戻る

  • 学研Naruto Osiro. ぴ一す教室
  • お申し込み / 資料請求 / お問い合わせ

☀2021.4 いよいよ新学年!☀ 

気分も新たにそれぞれの新しい生活が始まりますね!発達に伴って学習することもより難解になっていきます。一見全く新しい内容になるのですが、どの学年でも共通することは「これまでの知識や技能の上に積み重ねていく」ということ。小さな傷をそのままにしておくと後々取り返しのつかないことになるかもしれません。入会金無料キャンペーンほまだ間に合いますのでぜひこの機会にご活用ください!!

住所 〒772-0041 徳島県鳴門市大津町大代672-1 
電話番号 050-5880-6676
指導者 片岡
学習曜日 火・金
時間 14:00~20:00位まで
曜日によって異なります
教科・コース

幼児
学研教室の個別指導は、集団の中で必要に応じて指導者が個別に指導・助言するものです。

  • 個別(週2)
  • 個別(週1)

小学生

  • 算数・国語
  • 英語

中学生

  • 数学・国語
  • 英語

その他

  • 科学教室ぷらす
この教室の情報をケータイで見る

お申し込み / 資料請求 / お問い合わせ

★直接教室に電話をして申し込みをすることもできます。

卒業生のインタビュー

教室写真

  • 得意技は「いいことみつけ☆」

  • 大津西・第一小学校区内です!

  • ◯→◎→はなまる。イマの自分より先へ!

  • タブレットも併用して効果的に学習!

  • 集中できる環境を選んで濃密な学習時間!

  • 細かい口出しはせず考える癖をつけます!

片岡先生のごあいさつ

先生

こどもは基本的に学習することを大切だと自覚しています。私が関わってきた中で、本気で勉強なんてどうでも良いと思っているこどもはいませんでした。いたとしても、心の中ではどうにかしたいともがいている子ばかりでした。知りたがりで見せたがりで何よりほめられたがりなこどもには「上等な学びの機会」をたくさん用意したいものです。当教室では、1人ひとりと同じ目線で向き合いトコトン付き合いますので、その子の可能性を引き出す学習の形をきっと見つけることができるはずです。いっしょに学習をもっと楽しいものにしていきましょう!【幼稚園、小学校、中学校教諭専修免許状所持】 ○●徳島はなまる教室講師(木・土曜)兼任●○

生徒のコメント

  • (小1・男子)塾なのになんか落ち着くね。
    (小1・男子の保護者)男の先生は珍しいけど、男の子は特に接しやすいよね。


    ★勉強する場所なのである程度の緊張感は必要ですが、居心地の悪い行きたくなくなるような教室では身につくことも身につかないように思います。当教室ではやる時はやるといったメリハリを大事にしています。

  • (小2・男子)学研でゆうた先生とやる方が(自分でやるよりは)マシやなあ。すごく褒められるからやる気でるし。もっとはやく学研に来ればよかった。」

    ★「おだてる」というよりはお子様の頑張りや良さを「認める」ということを意識して指導しています。そうして、学習意欲や自信を育みます。

  • (小2・男子)「また同じようなところで間違えてしまいそうだった。危ない危ない。」
    (小3・男子)「ここは間違えやすいから念のため見直ししとこう。」


    ★教室で行う学習はプリントをただ解くだけではありません。学習のまとめや繰り返し学習の中で、考え方の癖や間違えやすいところなど本人が意識していない弱点を意識化できるようにはたらきかけ、同じ間違いを繰り返さないようにしています。

  • (小3・男子)「この前、辞書を引く速さ対決でクラス1位になったよ!」
    (小3・男子の保護者)「個人面談で学校の先生が『丁寧な言葉遣いで上手に質問できる。』と感心していました!」
    (小2・男子の保護者)家とは違って勉強モードになっている。分からないことは調べるなんて家で教えてないのに。

    ★コミュニケーションや教室環境など生活そのものを通して、一朝一夕では身につけにくい学習態度や学習習慣を継続して指導しています。そして、時間をかけてじっくりと自分のものにし、自身の日常で役立てるようにしていきます。
    (小2男子・保護者)

  • 保護者「前、この問題苦手なんじゃなかったんじゃなかったっけ?スゴイ!」→小2男子と指導者「ドヤッ」(^_−)−☆

    ★少人数指導のよいところです。子ども一人ひとりに目を配り、その子が必要としている課題を中心に指導できます。また、お子様の成長の足跡が分かるのでいっしょになって喜ぶことができます。

  • 保護者「同じ日のこと書いたのに、内容が全然ちがう!!」→小1女子と指導者「照れっ」( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    ★短文かつ比較的簡単な内容になっていたので、お子様が本当に伝えたいことを引き出し、具体的な情景描写や当時の気持ちをより細かく言葉で表現するようにアドバイスしました。

ページの先頭へ