ロボット
プログラミングコース
論理的思考力を養う

プログラミング学習は
これからの時代に不可欠

2020年度から、小学校でプログラミング教育が必修となりました。これからの時代は、プログラミングの力が必要な時代となったのです。しかし、子どもたちに必要な能力はプログラミングの知識だけではありません。論理的思考、創造、問題解決などの能力も重要視されているのです。
そして、これらの能力を効果的に身につけるには、ロボットを使ったプログラミングが最適な方法だといわれています。学研教室がロボットプログラミングコースを開講したのは、このコースをきっかけに、未来を生き抜く力をつけてほしいという願いがあるからです。

しくみを知れば楽しくなる!
「身近なもの」を
プログラミング!

自動ドア・信号機・踏切・トイレなど、プログラムで制御された「身近なもの」をテーマに学習を進めます。身近な「もののしくみ」を学び、自分で作って動かすからこそ、①興味を持ち ②探究心が強くなり ③社会に目を向けるきっかけがつかめるのです。
受講者の保護者から「会話の質が変わった」という声がよく届きます。社会に目を向けるようになった瞬間がわかる、これまでにない講座です。

動画でご紹介

効果・ポイント

自動ドア・信号機・踏切など
の“身近にあるもの”を
テーマに学習を進めます。

この講座はプログラマーを育成するためのものではありません。プログラミングを通じて実際に社会で役立っている「もののしくみ」を考え、自作・検証することで、知識と技術の両方を学び、「ものは自分で作り出せる」ことを実感してもらうことを目的としています。

学習・ポイント

  • POINT 1

    簡単で組み合わせ自在なブロック。

    製作するロボットには、モーター、センサー、LEDなどの基本パーツと、縦・横・斜めにつなげられるブロックを使用します。基本的なパーツを最大限に活用し、1つのキットで毎月違ったロボットに組み替えられるので、いろいろなロボットを作ることができます。また、仕上がった作品に個性が出てくるので子どもたちの表現力、プレゼンテーション能力が養われます。

  • POINT 2

    初心者にもわかりやすいビジュアルプログラミング言語。

    マウス操作と簡単な文字入力だけでプログラミングが可能なソフトウェアを使用しています。そのためタイプミスがほとんどありません。限られたコースの時間の多くを、プログラミング学習にあてられるようにしています。
    どんな順番で命令するのか、どうすればスムーズに動くのかをじっくり考え、フローチャートで流れを表します。そしてプログラミングを行いますが、1回でうまくいくことは稀です。フローチャートを作りかえ、プログラミング、そして、またフローチャート…と何度もくり返します。この試行錯誤こそ、論理的思考を深める手段だといえます。

  • POINT 3

    3年間毎月変わる、全36テーマの豊富なカリキュラム。

    1年目…ディベロッパーコース
    ものを動かすための構造や、センサーやモーターを利用するための基本のプログラミング(くり返し・分岐)を学びます。自分のアイディアを活かした製品開発のほか、製作したロボットを使った競技や発表を行います。
    2年目…マスターコース
    多くのセンサーやモーターを使った複雑なプログラムや、分岐命令を使った自律型ロボットの製作に挑戦します。より緻密にフローチャートを作成し、ディベロッパーコースでの経験を活かしてプログラミング的思考力をさらに飛躍させます。
    3年目…イノベーターコース
    高度なプログラムとともに、前半で工業用アームや本格的な二足歩行ロボットの製作を行います。後半はロボットの組み立てをデザインから行い、それを制御するプログラミングにゼロから挑戦します。3年間で培った技術や能力の集大成を、かたちにします。

教材について

「教育」の観点と、
本物を作る企業の協力を得て
作られたテキストです。

『科学』『学習』の学研がこれまで培ってきたノウハウを活かし、理科や算数(数学)はもちろんのこと、社会や音楽などの要素を複合的に取り入れたオリジナルテキストを使用します。製作手順だけではなく、使われる「もの」の目的や、なぜその形・色になったかの理由なども載ったテキストです。また、ものづくりに携わる企業へのインタビューも掲載しています。ここで「商品のくふう」や「高い技術のしくみ」にふれ、社会科で最もつまづきやすい「我が国の工業生産」について具体的な例をあげて解説しています。

教材について

考え抜かれた教材
3年間、毎月変わる33のテーマがあり、センサーやモーターなどを使って、「つかむ」「歩く」「タイヤで走る」「図を描く」といった動作を行います。また、学んだことを活かしながら段階的に進んでいきます。3年間でクルマを製作する回が複数回ありますが、それを順番に並べると次のようになります。
「前進するだけのクルマをつくる」→「左右に曲がれるクルマにする」→「リモコン操作できるクルマにする」→「センサーをつけて、ぶつからない安全なクルマにする」→「前を走るクルマに自動でついていく便利な機能をつける」。そして「倒れない2輪のクルマをつくる」が最終段階です。
日本のものづくりメーカーが協力
各テーマのテキストには必ず、本物の機器を製作しているものづくりメーカーの製作者へのインタビューが掲載されています。例えばトイレを作る回であればTOTO(株)、エレキギターであればヤマハ(株)の開発者や企画者などが関わっています。自作のロボットをどこまで本物に近づけられるかが、このコースの1つのコンセプトになっています。

月謝・教材費

ロボットプログラミングコース

学習日・時間 月2回 各90分(一斉指導)
月謝 8,640
教材費 1年目:ディベロッパーコース
27,000円
2年目:マスターコース
13,500円
3年目:イノベーターコース
13,500円

単科受講可単科での受講が可能。

入会金
5,400

入会金は入会時にのみお支払いいただきます。

学研教室会員は入会金が免除になります。

  • ※上記の金額は消費税が含まれています。
  • ※教材費は年額となります。
  • ※教材の保管・管理は教室にて行います。
  • ※教材は全3コース終了後、お持ち帰りいただけます。
  • ※別途、施設費等をいただく場合もあります。

月謝一覧を見る

学研教室をこの機会にぜひ、体験してください

お電話でのお問い合わせ
月〜金 9:00〜17:00(祝・休日をのぞく)
お近くの学研教室事務局につながります

0120-114-154

キャンペーン情報

秋の無料体験学習 受付中

読書感想文書き方講座 受付中

読書感想文書き方講座 受付中